デマンドコントロールシステム導入支援助成金

 島根県地球温暖化対策協議会 事業者部会では、県内の中小企業者等が「デマンドコントロールシステム」を設置する費用を助成します。

〔キーワード1:電気料金〕
 電気料金について、今まで製造原価、また、一般管理費に計上されている数字を意識されていますか。200万円軽減されたと仮定しましょう。当期利益率が5%と仮にした場合、売上高ベースにすると4,000万円の売上増が実現したことと等しくなります。

〔キーワード2:負荷率〕

 それでは、「負荷率」(平均電力と最大電力(契約電力)の比)という言葉を耳にされたことはありますか。「負荷率」が大きいほど期間中の需要変動が小さいことを示します。逆に負荷率が小さいほど、期間中の需要変動が大きく使用電力の割には基本料金を払っている形になります。

〔キーワード3:契約電力〕
 契約電力は、過去年の最大需要電力(30分当りの最大需要電力)で決定されています。したがって、1度ピークを出すとその後、需用電力が低くても年間はピークとなった需要電力が適応されます。つまり、使用する電力が多くても少なくても一定額の基本料金を支払っていることになります。

〔キーワード4:電気料金をコストと見なされる経営者の方へ〕
 契約電力の改善を図る、デマンドコントロールシステムの導入が、その解決につながるかもしれません。

契約電力の見直しを図るツールとしては最適です。
 今助成金を活用して、空調や照明の自動制御にチャレンジしてみませんか!



詳細につきましては、以下の案内チラシ及び交付要綱・交付要領をご確認ください。
お申し込みは、下記のA診断申込書に必要事項をご記入の上、FAXもしくはメールでお送りください。
@案内チラシ
A診断申込書
B交付要綱
C交付要領
D助成金交付申請様式
E助成金交付申請様式(記載例)
F宣言事業者申込書

【お問い合わせ】
 島根県地球温暖化対策協議会事業者部会(島根県中小企業団体中央会 内) 担当:松茂
 FAX:0852-26-5686/Mail:ecoad@crosstalk.or.jp
Copyright(c) 2015 島根県地球温暖化対策協議会(島根県中小企業団体中央会)All Rights Reserved.